村上さんもやっているメンテナンスとは 

身体にいいこと、あなたは
何をやっていますか?

先日、読んだ本の中で、村上春樹さんのことが
書いてあったので、ご紹介しますね。

 

彼は、マラソンをライフワークとされているそうです。
(知らなかった〜。イメージがつかなかったです。)
色々な大会にもチャレンジされているそうですよ。

以下、村上さんの語りです。ーーーーーーー
「基礎体力の強化は、より大胆な創造に
向かうためには欠くことのできない物事の一つです。
自分がもっともやりたいこと、
成し遂げたいことを見極めて、
それにあった身体に進化させていく」ーーーー

さすが、文筆家。クールですね〜。

納得。

人生100年時代。
お金があっても、時間があっても、
やりたいことがあっても
それを支える身体がなければ
自分が動くことはできませんよね。

今思えば、20代や30代のときは
年配の方が健脚を祈る神社や
無病息災を祈るためにお寺にお参りに
行くという話を聞くと、
なんだか年寄りくさいと思っていました。
(腰痛の人が行く神社、目の神社
足の神社、頭の神社 などなど)

悲しいかな、
今はその気持ちがわかるようになりました。

筋肉はすぐに落ちるのです。
そういえば、昔、同級生が音大を目指していて
毎日ピアノの猛練習をしていました。
1日休むと指の動きが違うと言っていました。
筋肉なんですよね、これって。

歳を重ねると、どうしても楽な
方向へと走りがち。そうすると、
重力とともに、下へ下へと下がって、
衰えるのが筋肉なんですね。

身体は資本。
そして、健全な精神に健全な肉体が宿る。
夢を持って、未来に向かって行く
そのための身体づくりは夢を支える
土台となるのですね。

身体は使えば使うほど、
柔軟になるし、強くなります。
心も同じ。

やる と決めて、
実行する。
心と身体は繋がっているので、
身体の強さは心も強くする。
やっぱり、心身一如ですね。

村上さんの小説は
日頃のトレーニングの
賜物だということがわかりました。
一流の人は見えないところで
さりげない努力をされているのですね。

私も亀のペースで走ろうっと。
あなたもぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です