あなたが苦手だと思っていることって本当ですか?

何かをやろうとすると
つい出て来る「言葉ぐせ」

あなたはどんなマイ言葉ぐせと
お友達ですか。

私は、「え、何か悪いことした?」と
ふと出て来ることがあります。

この言葉が出て来ると
カラダが心持ち後ろに行く感じがします

よくよく思い出すと、
次女の私は、どちらかというと
やりたいことをやり、姉を学習モデルに
していたので、要領を得ているところが
あります。(これはアドラー心理学で
言うところの末子の特徴です)

幼い頃、「ちび」と母と姉に
呼ばれていました。
当時を振り返ると、なんだか一人前じゃなくて
いやでした。

そして、なんだか対等に扱われていないと
思っていたので、その言葉は成人以降も
相手に遠まわしに伝えたりするくせとして
残っていました。

そして、いまだに私の自信を
少しへこますことがあります。

あなたは、何か特定の状況になると
同じパターンを繰り返したり、
同じ反応をすることって
ありませんか。

これは、私たちが脳内に記憶を残しているので
出来事に出会うと反応を示すのです。

そういえば、以前は恐怖感さえ抱いていた
職場の上司。
退職してからもしばらく夢にまで
でていたボスでした。

ところが、10年前にNLP(神経言語プログラミング)の
講座で扱ってみたところ、それ以降
彼女の名前を見ても、思い出しても
恐怖感は一切なくなりました。

記憶は五感で脳に記憶しているので
五感を構成している表象を変えるだけで
記憶の様子が変わり、反応がなくなります。

これには、ほんとにおどろきました。

あなたが苦手と思っていることは
実は、記憶の保存の仕方だけなんです。

なんとも人間って摩訶不思議ですね~。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です