開催報告 今さら聞けない!大人のビジネスメール&マナー講座

9/26、ビジネスメール&マナー講座を
友人の講師と共同開催しました。

お互いの強みを生かして
それぞれのパートを担当。

友人は、ビジネスメールを担当。(午前の部)
大手企業研修で実際に提供している
内容をがっつり2時間半で
わかりやすく、明日からすぐに使えるような
内容でした。

実は、私はビジネスメールを習ったことが
なく、そして、働いていた環境で、
日本語のビジネスメールをほとんど
使わなかったので、友人の説明に
前のめりで聞いていました。

午後は、名刺交換、挨拶、
お茶の出し方など、ビジネスマナーの
基本の「き」について
体験しながら学んでいただきました。

最後の一日のコメントを
ご紹介すると、

「見よう見まねでやってきているけれど、
今さら聞けないので、今日は
色々と質問できて、よかったです」
と感想を述べておられました。

ビジネスマナー、マナーの
コアは相手の立場に立つこと。
NLPでいうと、セカンドポジション。
(おもてなしする時には、
サード、メタポジションに立つ必要が
あると思います)

自分を大切にすると同時に
相手を大切にすること。

自分のスペース(場、フィールド)に
相手をお招きすることです。
まさに、お茶室の小さな空間に
お客様をお迎え、庵主が
季節の掛け軸、お料理、
お茶をお出しする際の
空間です。

そこには、非言語の心の状態や
気持ちがお茶を通して相手に
伝わります。
そして、誰が実践しても
ブレないために、型があると
いうことを教えてもらいました。
(私は、茶道には疎いですが)

何も知らない間は、最初に型通りに実践。
次に、型を少し外れてみる、
そして、自分の型を見出す。
守破離の法則です。

初心者のうちは、
畳の目から少しずれていることが
わかることで自分の軸に戻れます。
慣れてくると、感覚で空間を
正確に把握できるようになり、
無意識に所作が進んでいくような
感覚になるのではないかと思います。

まずは、型をおぼえて、
やってみること。
基本の「き」の字の講座でした。

次回は、11月に
コミュニケーションの講座を開催する
予定です。お楽しみに。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です