関係性に価値を見出す 

近所のお得で美味しいお寿司屋さん。
お昼のおすすめメニューを
いただきました。

夏の食欲が落ちる時期に、
新鮮な刺身がたっぷりとのったお寿司は
疲れを取ってくれます。

10種類もの色とりどりで新鮮なネタの
お寿司。

もし、卵だけとか、マグロだけだと
彩、味覚も満足度あいは激減するかなと
思います。

これも、システムの醍醐味か。。

色々なものが混ざり合う、
主張をしあうことで、新たな場、
味わいが生まれます。

そして、一つ一つの配置や大きさによっても
食べる人の満足感に影響を及ぼすでしょう。

プロの寿司職人さんだからこそ
一番新鮮なネタをどのように
生かして、顧客満足を生み出すのか。

プロだからこその見立て、
見せ方、美味しさの引き出し方が
あるんですよね、きっと。

お寿司一つ一つをどのように
生かすのか、その先に何を
作り出したいのか、
これって、組織のあり方、価値観、
理念を生み出すプロセスと同じかも
しれません。

寿司から学んだシステムのあり方でした。

それにしても、このお寿司、お得。
(JR吹田駅すぐのお寿司屋さんです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です