働くことは自分を表現すること お寺で開催 ワークショップのご案内

以前、交流分析という心理分析の
勉強をしたときに、「時間の過ごし方」に
ついてセルフチェックしたことが
ありました。

理想としては、親密な時間を多く持つほど
人生が豊かになるそうです。
心から本音で語り合えたとき、
繋がっている安心感、幸福を感じます。

親密というのは、他者との関係性だけでなく、
自分自身との繋がりも言えるような
気がします。

自分が本当にやりたいこと、
楽しんでいるときは、時間のすぎるのも
気づかないくらい没頭していて、疲れを感じません。

一方で、やりたくないことをやっているときほど、
肩が凝ったり、表情が険しくなり、
早く終わることだけを考えがち。

仕事がもし、自己表現だとしたら、
あなたは何を表現していますか。

プロセスを通して、時間を通して
形にしていくことが仕事には不可欠です。
自分を体現しているとも表現できるかもしれませんね。

自分を表現するということは、
本当の自分を生きるということでも
あるのではないかなと思っています。

同時に、その仕事をどのように
意味づけしているのかによって
人生の目的とつながることでもあるかもしれません。

健康で元気に生きれる時間は長いようで
短いかもしれません。

本当に自分がやりたいことで、
社会につながっていける仕事に従事することは
健康寿命にも影響を与えるでしょう。

自分が喜ぶ、自分がやりたい、
自分がチャレンジできる、そんなことを
仕事にできると思うと、心が踊ってくるように
感じます。

今回は、吹田のお寺で1泊2日のリトリートスタイルで
開催します。

詳細は、下記のチラシを。

あなたの生き方・働き方が変化する PDF

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です